03-5623-9033

被布とはなんでしょうか?

三歳は帯を締めていないの!?

三歳の七五三は、とても可愛らしい印象ですよね。被布(ひふ)と呼ばれるベストのようなものを着物の上に着用していますが、帯をつけていないのも三歳の特長。被布は三歳でしか着用しないのですが、これには七五三の本来の意味と繋がります。


《七五三の本来の意味》

三歳(男女):髪を伸ばし始める儀式・髪置き(かみおき)
五歳(男の子):はじめて袴を着る儀式・袴着(はかまぎ)
七歳(女の子):はじめて大人と同じ帯をつける儀式・帯解(おびとき)


このような儀式が七五三の本来の目的であり、髪を伸ばし始める儀式の三歳では帯を結ばずに付け紐や兵児帯を結び、それを隠すために上から「被布」を着せたのです。


被布の生地は、正絹やポリエステル、ベルベット素材のものなどさまざまあり、大きく刺繍がほどこされたものや絞りのもの、中にはレースをあしらったものなどがあります。


被布は三歳ならではの和装となりますので、この時しか着用できないので一度はお試しくださいね。かわいいお子さまの着用写真を残してはいかがでしょうか?

三歳着物 商品一覧はこちら →

円居の七五三

円居の着物で七五三をお祝いしませんか?

円居の着物はすべて1点物の貴重な衣装となり、大正や昭和初期などの大人の着物からリメイクした個性的なレトロで可愛らしいアンティーク着物やオリジナル着物を揃えております。


大人用の着物レンタルも行っておりますので、お子さまの晴れ着に合わせてご家族そろって着物でお祝いできます。